自動車保険は保険期間中でも他社に切り替えられる

通常、自動車保険は満期をもって、同じ保険会社で継続するか、
他の保険会社に切り替えるかを決めることになります。

 

でも、どうしても途中で違う保険会社に切り替えたいというのでそれも可能です。
ただ、いくつかデメリットがある可能性があるので要注意。

 

1つ目は、等級が進むのが遅くなってしまうということ。
もし無事故であれば、満期をもって等級が1つ上がるはずです。

 

でも、途中で切り替えてしまうと、その半端な期間の無事故実績がナシになるので、
等級が1つ上がるのには、さらに1年間無事故で過ごす必要があるのです。
残り1ヶ月〜2ヶ月程度であれば、満期まで待ったほうがいいかもしれませんね。

 

2つ目は、解約返戻金が少なくなるということ。
これは保険料を年払いしていた場合だけなのですが、例えば半年で保険をやめたとしても
保険料は半分は戻ってこないんですね。3割とかしか戻ってこない。

 

だから、少し保険料が安いので他の保険会社に切り替えようとしたところ、
この解約返戻金の少ないせいで、かえって損をしてしまったなんてこともあり得るのです。

 

3つ目は、現保険の解約日と、次の保険の始期日を合わせる必要があり、
それに失敗すると、等級継承ができなくなる恐れがあるということです。
これが一番危険なので、もし途中で切り替えるときは気をつけなければいけません。

 

例えば、今の保険を解約したうえで、次の保険を解約日から10日後の始期日にしたりすると、
低い等級を除いて、等級が引き継げなくなってしまうんです
なので手続きは慎重に行う必要があるんですね。

 

この3つのデメリットがあることを理解したうえで、途中で切り替えるのならそうしましょう。
保険料がかなり安かったり、サービスが良かったりする場合は、
途中でさっさと切り替えてしまったほうが得になることも多いかと思います。